【お得情報センター】節税対策サポート

ある国の制度を教える女性

 

小冊子請求はこちら


 

*東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 限定

これから生命保険で節税対策をご検討されている社長様へ

■決算対策に営業マンから生命保険を提案されたが、本当に良いのかな?

 

■「当社の逓増定期保険なら○年後に○○%の返戻率がありますよ!」保険会社の営業マンに勧められたが、他にも良いのは無いの?

 

■「○○生命の法人ガン保険なら○年後に実質100%超えますよ!」と、複数の保険会社を扱っている保険代理店に提案され迷っている・・・。

既に節税対策で生命保険をご用意されている社長様へ

■逓増定期保険、法人ガン保険より返戻率の良いものがあるなら検討したい!えっピークを迎えても返戻率が下がらない!

 

■リーマンショック前に決算対策で生命保険に加入したが、保険料の支払いが正直きつい・・・。短期で解約すると損するみたいだし・・・。

 

 

■保険の営業マンに言われるままにいろいろ生命保険に加入したが、内容がよく分からない・・・。本当にこのまま続けて大丈夫かな?

損金で落とせてキャッシュを貯められるのは保険だけと思っていませんか?

決算対策を相談しているる人

 

きっとこのページを読まれている社長様は、お仕事が順調の社長様だと思います。

 

でなければこのページが気になることもないはずですから。

 

ということは、いろいろな営業マンからアプローチを受けているはず。

 

中には生命保険の営業マンから逓増定期保険、法人ガン保険を使って節税対策・決算対策の提案を受けたことのある社長様もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

いずれも生命保険で節税しながら帳簿上に表れないキャッシュを内部留保しましょうというものです。

節税になる保険商品を営業マンに勧められたが…

節税対策に悩む人

 

でも今回、私が社長様にご案内する節税方法は生命保険ではありません。

 

ある国の制度を活用したもので、穴場的な方法です。

 

実は、この節税方法、生命保険の営業マンのほとんどが知っている方法なのです。

 

にもかかわらず、ほとんどの生命保険の営業マンは教えてくれません・・・。

 

なぜかと言うと・・・自分の売りたい保険が売れなくなってしまうからです!

 

それを敢えて社長様にお教えいたします。もちろん、無料です。

 

もしかしたら生命保険の営業マンから私はバッシングを受けるかもしれません・・・。

 

ただ、本当に良いものをお伝えして多くの社長様に喜んで頂きたい!という想いで小冊子を作成しました。

 

この小冊子は無料ですから、社長様には全くリスクはありません。

 

ぜひこの機会に<保険屋さんが教えたくない『マル秘 節税対策』小冊子>をご請求下さい!

ある国の制度のメリット

ある国の制度を教える女性

 

【ポイント1】全額を損金に落とせる

 

掛金全額を損金に落とせます。

 

また、年間240万円まで一括年払いが可能です。

 

ですから、決算月に年払いして利益の調整としても活用できます。

 

 

 

【ポイント2】40ヶ月経てば解約しても全額返ってくる

 

この国の制度は40ヶ月経てば解約しても全額返ってきます。

 

節税目的の生命保険では解約して100%戻ってくる商品はほとんどありません。

 

決算対策・節税対策で生命保険を検討されている社長様はまずはこの国の制度を検討するのが良いでしょう。

 

 

 

【ポイント3】生命保険と違い増額・減額がいつでも自由

 

この国の制度は増額・減額がいつでも自由にできます。

 

生命保険は短期間で減額・解約すると間違いなく損してしまいます。

 

また増額は新規契約になので、年齢が上がっているため条件が悪くなってしまいます。

 

最悪、健康状態によっては追加することが出来ない場合もあります。

 

それに対してこの国の制度は「思った以上に利益が出た」ということでしたら増額すればよいし、「今期は厳しいな・・・」ということでしたら減額すればよいだけです。

 

しかも減額によるペナルティはありません。

 

 

 

【ポイント4】生命保険と違い健康状態は関係ない

 

この国の制度は加入時に健康告知がありません。

 

生命保険は年齢と性別で掛金が決まり、加入する際には健康状態の診査が必要です。

 

健康状態によっては加入できない場合もあります。

 

ただこの国の制度はそれらの縛りがないので、自由度が高いと言えます。

 

 

 

小冊子請求ボタン

 

*東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 限定

よくある質問

ある国の制度を教える女性

 

【Q】その国の制度は最低いくらから始められますか?

 

【A】月払いでは5,000円から始められます。

 

また掛金の上限は月払いで20万円です。ですから年払いであれば6万円〜240万円の間で設定可能です。

 

 

 

【Q】その国の制度に加入した場合の経理処理を教えて下さい。

 

【A】掛金の全額を損金計上できます。

 

 

 

【Q】解約金はありますか?

 

【A】40ヶ月積立を続ければいつ解約しても全額返ってきます。

 

また40ヶ月未満で解約してもほとんど返ってきます。

 

 

 

【Q】どこに行けば加入できますか?

 

【A】メインバンクの窓口で手続き可能です。

 

生命保険の手続きに比べ手続きは簡単です。

 

 

 

【Q】加入後の見直しは出来ますか?

 

【A】はい、可能です。

 

生命保険と違い、この国の制度は減額・増額がいつでも可能です。もちろん、そのことに対するペナルティはありません。生命保険比べ見直しの自由度が高いと言えます。

お客様の声

 節税対策は生命保険しかないと思ってました。

 

決算で思った以上に利益が出てしまい、悩んでいたところ知り合いから外資系の保険会社の営業マンを紹介されました。

 

紹介元は『やり手の営業マンだから』と言われ、安心して相談したが、提案されたプランは最低5年以上支払わなければいけないプランばかりでした。

 

今期は払えるが、ずうっと払い続けることが出来るか心配だったところ、小冊子を読んで今期は取りあえず国の制度だけで決算対策をすることに決めました。

<東京都渋谷区・ソフトウェア会社経営>

 

 決算対策のため追加で保険を検討したが・・・

 


昔から付き合いのある乗合保険代理店(複数の保険会社の商品を扱っている保険代理店)に相談したところ、色々な保険会社の色々なプランを提案してもらいました。

 

そんな中、小冊子を読んで「生命保険以外でも全額損金に落とせてキャッシュを貯めることが出来るんだ!しかも40ヶ月で返戻率が100%!?」早速、メインバクの窓口で手続きしました。

 

正直、もっと早く知りたかったです。グループ会社が3社あるので決算月に上限一杯に年払いで加入しました。

 

しかも掛け金を減額しても、支払いをストップしてもペナルティは無いので安心感のある対策が取れて満足しています。

<東京都新宿区・エンジニア派遣会社経営>

小冊子請求ボタン

 

*東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 限定

 

参考>>自転車FP